更年期障害と間違えやすい病気

更年期障害と間違えやすい病気

更年期障害は、加齢による卵巣機能の低下に関連して起こる症状ですが、50代や60代といった年代になると、当然卵巣以外の体の機能も低下していきます。
そのため、どうしても体のあちこちに負担がかかって、病気になりやすくなるものです。しかし、「閉経前後の不調=更年期障害」と短絡的に考えて、診察や治療をしない人も多いのではないでしょうか。

 

それらしい症状が現れたからといって、その原因が更年期障害とは限りません。特に頭痛やめまいなどは更年期障害でも起こりますが、それ以外の病気でも現れやすい症状です。
別の深刻な病気のサインであることも考えられますので、体の不調を感じたら病院で診察を受けるようにしましょう。

 

更年期障害の典型的な症状であるほてりやのぼせなどは、高血圧や心臓疾患など循環器系の病気でも起こることがあります。
また、心臓にトラブルがあって不整脈が起こると、動悸や息切れなどを感じやすくなりますし、めまいが続く場合はメニエール病かもしれません。
頭痛だと思っていたらくも膜下出血だったというケースなど、更年期障害の症状は他の病気の症状にあてはまるものが数多くあります。場合によっては命に関わるような病気の可能性もありますので、甘く見てはいけません。

 

逆に、更年期障害だと思って診察を受けたら単にメガネの度が合わなくて肩が凝っていただけだったという人もいますし、内臓の調子悪いとと思っていたらストレスによるものだったということもあります。
いずれも自分では判断しづらいので、病院で診察を受けたほうがよいでしょう。