男性にもある更年期障害

男性にもある更年期障害

更年期障害というと、50〜60代の女性に多い症状だと思われがちですが、実は男性にも更年期障害はあります。
この場合、原因となるのは女性ホルモンのエストロゲンではなく、男性ホルモンであるテストステロンです。睾丸と副腎から分泌されるテストステロンは、男性が男性らしい体つきになったり、精神発達の方向性を左右する作用があります。
このテストステロンも、加齢によって分泌量が減少してしまい、さまざまな症状を引き起こすことになるのです。

 

男性の場合も症状は女性とほぼ同じで、ほてりやのぼせ、動悸、頭痛、倦怠感、めまいなどが特徴です。その中の一つの症状だけが激しく現れる人もいれば、いくつもの症状が同時に現れる人もいます。その他、しびれや肩こり、発汗、食欲不振などを感じる人もいます。

 

女性に比べて男性の更年期障害が話題にならないのは、女性の場合に比べて発症する年齢などの個人差が大きいためです。
男性の場合は、テストステロンの活動が衰える時期の個人差が大きく、30代で衰え始める人もいれば、70歳でも30代並みにテストステロンを分泌している人もいます。
そのため、「更年期」と呼ばれる年代を特定するのが難しく、症状があっても単なる体調不良と考える人が多いのです。
また、男性にも更年期障害がある、というこが認知されていないこともあって、更年期障害の症状が現れていても、単なる体調の問題で片づけられたり、甘えだといわれることも多くあります。
男性の場合は女性よりもさらに周囲の理解が得られにくいという問題がありますので、サプリメントや病院などをどんどん利用して楽に過ごせるようにしましょう。