若年性更年期障害とは

若年性更年期障害とは

更年期障害とはエストロゲンという、卵巣から分泌されている女性ホルモンが減少することによって起こる症状です。
閉経前後の卵巣機能が弱まってきたころに発症することが多いことから、50〜60代の女性に起こるのが一般的と考えられていましたが、最近では20代や30代の若い女性に症状が現れる若年性更年期障害が話題になっています。
症状は更年期障害と同じで、ホットフラッシュや多汗、頭痛などを感じる人が多いようです。

 

その原因の多くは、過度のダイエットや、ストレス、不規則な生活です。ダイエットのやり過ぎや、アスリートの激しいトレーニングは、体に負担がかかるため、卵巣機能が低下して生理が止まったりもします。
生理が止まるまでいかなくても、卵巣機能が低下することによってエストロゲンの分泌が滞ると、更年期障害のような症状を引き起こすこともあります。若い女性にとってホルモンバランスの異常は、若年性更年期障害を引き起こすだけではなく不妊の原因にもなるため、閉経に伴う更年期障害よりも重くとらえられることも少なくありません。

 

とはいえ、本来はエストロゲンが分泌される年代ですから、生活習慣を改善したり、ストレスを軽減して卵巣の機能が回復してくれば、自然にホルモンバランスは正常化していきます。
十分な睡眠やバランスのとれた食事も大切です。ただし、何年も月経が止まるほど長期間にわたって卵巣機能が低下していたり、ホルモンバランスが崩れていた場合は、治療が困難なケースもありますので、早めに治療を始めることが大切です。