更年期障害緩和のために摂取したい成分

更年期障害緩和のために摂取したい成分

更年期障害は、エストロゲンなどのホルモンの分泌が行われなくなることが原因です。
そのため病院などではエストロゲンを処方して症状の改善を図ります。食品やサプリメントで補う場合は、エストロゲンそのものを摂取するのは難しいので、それに代わる成分を摂取することになります。
そこで注目されているのが、大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンとは、その名の通り大豆の胚軸に多く含まれている成分で、エストロゲンに近い働きをすることがわかっています。
そのため、更年期障害やホルモンバランスに悩む女性に広く利用されているのです。さらに大豆イソフラボンは高い抗酸化作用をもつため、美肌や健康維持のために摂取するという人も少なくありません。

 

また、美容成分として知られているプラセンタも、更年期に摂取したい成分です。
プラセンタは抗酸化作用や血行促進などの作用に加えて、ホルモンを調整する内分泌調整作用や、自律神経の働きを調整する作用などがあります。そのため、更年期障害を引き起こすホルモンバランスの乱れを整えることが期待されているのです。

 

その他、葉酸やギャバ、ローヤルゼリー、ポリフェノール、カルシウムなども積極的に摂っておきたい成分です。
基本的にはどれも食品から摂ることが可能な成分ではありますが、毎日十分な量を食事で摂るのは難しいという場合は、サプリメントなどをうまく利用するのがおすすめです。
これらの成分を効率よく取れるように配合されたサプリメントを利用するとよいでしょう。