更年期障害の有効成分

更年期障害のための摂取したいサプリメントの成分

更年期成分

更年期障害は簡単に対策できるものではなく、家庭内環境やストレスにも繋がってくる大切な問題です。
そこで、ここでは辛い更年期障害を少しでも緩和させるために、効果があるとされる食事や成分について紹介していきたいと思います。

 

更年期障害の対策として注目されていて、サプリメントによく配合されている成分は大きく分けて三種類に分けることができます。

  1. 女性ホルモン(エストロゲン)と同様の働きをもつとされる成分
  2. .美容成分と呼ばれ、肌などの健康にかかわっているとされる成分
  3. .ストレス緩和や活力増強など健康的な生活を支えるとされる成分

 

これらの成分について順番に紹介します。

 


女性ホルモン(エストロゲン)と同様の働きをもつとされる成分

更年期障害は、閉経により女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが乱れてしまうことが原因です。
閉経によって減少する女性ホルモンはエストロゲンと呼ばれており、女性の健康に深くかかわっています。

大豆イソブラボン

「エストロゲンの減少」が原因なのですから、「エストロゲンそのもの」あるいは「エストロゲンの代わりとなる成分」を摂取することで更年期障害の対策になると考えられます。

 

更年期サプリと言ったらやっぱり大豆イソフラボン

 

実際に病院などで行われている治療は薬物療法が多く、エストロゲンを処方することにより症状の改善を図っています。
一方、食品やサプリメントからエストロゲンそのものを摂取することは難しいのが現実です。
そこでエストロゲンに代わる成分として注目されているのが「大豆イソフラボン」です。

 

大豆イソフラボンとは、その名の通り大豆の胚軸に多く含まれている成分で、エストロゲンに近い働きをすることがわかっています。
そのため、更年期障害やホルモンバランスに悩む女性に広く利用されており、大豆イソフラボンを多く含んだサプリメントも発売されています。

 

大豆イソフラボンは、美容や健康維持に良いとも言われますが、それは高い抗酸化作用によるもので、美容に気を遣う方からも関心を集めています。
化粧品などに含まれているのもそのような理由からでしょう。

 

大豆イソフラボンから作られるエクオールって?

 

また、近年では大豆イソフラボンが人間の体内で変化してつくられる「エクオール」という成分がより良い効果を持っていると言われ研究が進められています。

 

女性の体にいいと言われる大豆イソフラボンを同じように摂取しても、人によって個人差が出ていることがわかってきました。
摂取した大豆イソフラボンは腸内で吸収されますが、この時に大豆イソフラボン(※ダイゼインと言います)のまま吸収される人と、「エクオール」という成分として吸収される人がいます。
そして、このエクオールこそがより女性ホルモンに近い働きをするものだと証明されました。
ただし、体内でダイゼインではなくエクオールを作ることができるのは実は2人のうち1人しかいないと言われています。
この違いがイソフラボンを同じように摂取しても効果がしっかり出る人と出ない人の違いです。
ですので最近の更年期サプリでは同じ大豆イソフラボンを取る場合でも「エクオール」にしっかり変化するもの、もしくはエクオールそのものを成分として配合している商品が注目されています。

 

エクオールというのは大豆イソフラボンに比べると聞きなれない名前ですが、是非覚えておいてください。

 

漢方医学の知見は更年期障害にも効果アリ?!

更年期障害のためのサプリメントの有効成分としてはエストロゲンの代用となる働きをするもの以外にもかなり有効と言われているものがあります。
それは漢方薬として昔から医学的に重宝されている
・田七人参
・高麗人参
などです。

 

漢方医学から見るサポニンに秘められたパワー

高麗

日本人の寿命は1900年頃には45歳ぐらいだったと言われています。
更年期障害が起こるとされているのは50歳から60歳頃ということは、医学が進み人間が長生きできるようになったから更年期障害が起き始めたといえるでしょう。
しかし、長生きしたいというのは当然の願いです。そのため、古くからある漢方医学の中に更年期障害のための漢方薬がたくさんあります
中でもオススメなのがサポニンと呼ばれる成分です。

 

サポニンは苦みを感じる成分で、生物の中にはサポニンを体内に蓄えることで自分の身を守るために毒として使っているものもいます。
動物は苦いものを好まない習性がありますが、それを利用しているというわけです。
生き物が持っているサポニンを接種するのは軽いしびれなどを引き起こし危険ですが、普段私たちがよく接種している植物にもサポニンは含まれています。
それはゴボウや人参などです。実はサポニンは適切に接種することで新陳代謝を向上させ、免疫力の向上や抗酸化作用、脂肪の吸収を抑える効果があるとされています。
まさに、毒を持って毒を制す、ですね。

 

ただ、人参やゴボウだけを食べていても苦味を感じないように、更年期障害の対策になるほどのサポニンを接種することは難しいです。
そこで、漢方医学で研究されてきた高麗人参や田七人参が有効といわれています。
高麗人参は日本でも有名で、色々なサプリメントに含まれていますが、田七人参はまだあまり知られていないでしょう。
実は田七人参にもすごいパワーがあると注目されており、特にサポニンについては高麗人参の約7倍もの量が含まれています

 

今でこそ農業の研究が進み効率的に生産できていますが、昔の栄養が豊富でない畑では、一度田七人参を育てると畑の栄養を吸い尽くしてしまい、3年間は雑草も生えてこなかったとの言い伝えがあります。
このようなパワフルな植物である田七人参は、更年期での衰えがちな体力などを支えてくれるので、体力づくりのためにヨガやウォーキングをしている方には特にオススメです。
最近はサプリメントとして田七人参を使ったものも増えています。
飲みやすいような工夫もされていますので是非試してみてください。

ローヤルゼリーは?

 

ローヤルゼリー

他にも「ローヤルゼリー」はエストロゲンと同様の作用を持つと言われています。

ローヤルゼリーは女王蜂だけが食べられる蜜のことで、普通のはちみつに比べると高い栄養価が特徴です。
女王蜂だけが食べることを許されているわけですから、女性にとって良い成分がたくさん含まれているというわけです。
また、ローヤルゼリーも大豆イソフラボンと同様に、健康維持に良いとされ栄養ドリンクなどに含まれていますから、女性の方はもちろん、男性の方でも摂取する意味があるでしょう。

 

大豆イソフラボンやローヤルゼリーを紹介しましたが、どちらも名前はよく聞きますが、普段の食事で摂取することは難しいですよね。
ローヤルゼリーはお菓子や栄養ドリンクにも含まれることが多いですが、健康のためといってそればかり食べていては本末転倒ですから気を付けましょう。

 

 

美容成分と呼ばれ、肌などの健康にかかわっているとされる成分

胎盤プラセンタ

美容成分として知られている「プラセンタ」があります。

プラセンタは直訳すると「胎盤」にことを言います。
一般的には馬などの哺乳類の胎盤から抽出されたプラセンタ成分を「プラセンタ」と呼んでいます。

 

プラセンタにはとても多くの作用があり、ホルモンを調整する内分泌調整作用に始まり、抗酸化作用や血行促進などの作用、そして自律神経の働きを調整する作用などがあります。

 

そのため、ホルモンバランスの乱れを整えることができ、自律神経の調整や血行促進などによる症状の緩和も期待されています。
もちろん抗酸化作用による美容効果も期待できますから、女性にはうってつけの成分というわけです。

 

ワインポリフェノール

強い抗酸化作用を持つ成分として有名なものに「ポリフェノール」があります。

ポリフェノールには様々な種類がありますが、どれも強い抗酸化作用を持っており、植物の寿命の長さを支えているのはポリフェノールだとも言われています。
ポリフェノールは健康に良いとされ、ワインやチョコレートなど、ポリフェノールを含む食品は注目を集めていましたが、更年期障害に対してもそれは例外ではありません。
ポリフェノールの抗酸化作用によるアンチエイジング効果で、更年期障害が緩和できるとされています。

 

 

ストレス緩和や活力増強など健康的な生活を支えるとされる成分

マカ

更年期障害は「のぼせ」や「ほてり」から来るだるさに加えて、「頭痛」や「眩暈」の症状が起こる方も多く、身体の元気が無くなっているような感覚を覚えます。
そんな中でも仕事や家事に追われ、ストレスが溜まっていく一方です。
そんなときに必要なのは「マカ」や「ギャバ」など、ストレス緩和や活力増強に良いとされる成分です。

 

マカは男性の精力増強に良いと関心を集め、有名になった成分です。
アブラナ科の根菜で南米の厳しい環境の中で育ち、非常に豊富な栄養価を持っています。
男性だけでなく、女性にとっても健康的な生活を送るためにはオススメできる成分です。

 

ギャバは玄米やカカオに多く含まれる成分で、正式名称は「ガンマ−アミノ酪酸」といいます。
ギャバにはたくさんの効能があるとされており、

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 自律神経失調症
  • うつ
  • 不眠症

などに効果的だという研究が進んでいます。更年期障害も例外ではありません。

 

 

最近ではマカもギャバもお菓子に微量に含まれていますが、サプリメントから摂取して健康的な生活を取り戻したいです。

 

また、東洋医学の知見である、漢方薬の成分を含んだサプリメントも開発されています。漢方薬も色んな用途で活躍していますよね。

 

先に紹介したローヤルゼリーやポリフェノールも健康的な生活に効果的ですので、是非一緒に摂取することをオススメします。

 

今回した成分をまとめて紹介します。

 

1.女性ホルモン(エストロゲン)と同様の働きをもつとされる成分
・大豆イソフラボン
・ローヤルゼリー

 

2,漢方薬として更年期の症状を和らげる成分
・サポニン

 

3.美容成分と呼ばれ、肌などの健康にかかわっているとされる成分
・プラセンタ
・ポリフェノール

 

4.ストレス緩和や活力増強など健康的な生活を支えるとされる成分
・マカ
・ギャバ

 

また、ここに書いてある成分は特に効果があるとされる成分ですが、他にもたくさんの成分があります。

 

今回は紹介しませんでしたが、ビタミンB9(葉酸)ビタミンB12などの血行促進を支えるビタミンや、カルシウムなどといった基本的な栄養素も、更年期になると摂取量が減ってしまうので積極的に摂っておきたい成分です。セサミンサポニンもおすすめです。

 

基本的にはどれも食品から摂ることが可能な成分ではありますが、毎日十分な量を食事で摂るのは難しいという場合は、サプリメントなどをうまく利用するのがおすすめです。
自分の食生活や症状を照らし合わせた上で、自分の合う成分の配合されたサプリメントを利用するとよいでしょう。