更年期障害になりやすい人とは

MENU

更年期障害になりやすい人・起こりやすい人

更年期障害は閉経に伴うホルモンバランスの乱れによるものです。

なので、ホルモンバランスが普段から乱れがちな人は更年期障害になりやすいというわけです。

 

ホルモンバランスが乱れている人は月経前症候群(PMS)が重くなりがちです。

 

月経前症候群とは、月経前の数日にわたって身体や精神に不調を感じるもので、その原因は完全にはわかっていないものの、卵巣からのホルモンが関係しているといわれています。

 

「生理が重い」「生理が来ると何もできなくなる」などと言って月経前症候群に悩む人は、ホルモンの変調によって体の不調を感じやすいことから、更年期障害になりやすく、症状も重くなりやすいと考えられるのです。

 

 

更年期障害になりにくい人になるために

 

逆に更年期障害になりやすい人はホルモンバランスが普段から整っています。
ホルモンバランスはどのように整えられるのでしょうか?

 

まず第一に挙げられるのは「規則正しい生活」です。
規則正しい生活のリズムは強い生活習慣をもたらし、自律神経やホルモンバランスの整調を促します。
自律神経はホルモンと共に身体の調子を司っているとされ、関わりも深いです。
決まった時間にぐっすり眠ることも大切です。

 

健康的な食生活

次に「健康的な食生活」です。栄養価の高い食事は健全な身体をつくります。身体の調子が良くなると血液の内臓の働きが改善し、血液や脳の働きも活性化していきます。

その結果更年期障害の原因であるホルモンバランスも整っていく他、ホルモンバランスの乱れに左右されない身体づくりにもつながっていきます。

 

それから、「ストレス」も更年期障害にとって重要な要素です。強いストレスは身体の不調を引き起こします。強いストレスが更年期障害の症状と重なることで症状が悪化することは稀ではありません。
更年期障害自体に大きなストレスがかかりますので、ストレスケアが重要になってきます。

 

ストレスを感じやすい性格の人は日ごろから気を付けたほうがよいでしょう。
几帳面で責任感の強い人はストレスを感じやすいといわれていますから、息抜きとして有酸素運動を始めたり趣味に没頭したりするのも有効かもしれません。

 

さらに、普段から過呼吸や不眠症、血圧の上下、冷や汗、立ちくらみなどの多い人は、自律神経が弱いことも考えられるので、更年期障害のリスクは高いかもしれません。
もちろん自律神経を整えるためにはストレスも悪影響ですので、注意するようにしましょう。

 

 

 

 

更年期障害になりにくい人の特徴として、規則正しい生活や健康的な食事を続けていること、ストレスを発散する趣味を持っていることなどが挙げられます。
ストレスに感じることがあってもあまり落ち込まず、楽天的に物事を考えられる性格も大切です。
性格を簡単に変えることはできませんから、まずは生活習慣の見直しなど、できることから始めていきましょう。